昼食の摂取カロリーを減らす

これまで平日の昼食は職場の近くの食堂で食べていた。チェーン店なのだが味は結構いけるし値段も安い。焼き魚や煮魚なんていうヘルシーなメニューも多いのでダイエット中の僕にとってはありがたい店だ。だが、それでも毎日となると食費は嵩むもんだ。それで節約のために嫁に弁当を作ってもらうことにした。

大元の切欠は嫁だ。なんでも嫁の職場でいつも注文していたお弁当屋さんが値上がりしたらしいのだ。まぁ月計算で数百円程度の値上がりでしかないのだが、嫁的には頭を抱えてしまったらしい。それでお弁当を持参することに決め、それだったら1人分じゃなくて2人分作っても手間は無いということで、じゃあ僕もとなったのだ。

そんなわけで今週から嫁の作ったお弁当を食べるようになり、これで1日の摂取カロリーは更に低くなったことだろう。いくらヘルシーメニューとはいえ、外食は自炊に比べたらどうしてもカロリーや塩分が高いからなぁ。それにあの店はごはんがおかわり自由だったので、つい誘惑に負けておかわりしてしまう日もあった。お弁当ならそれも防げる。

二の腕痩せ

嫁のヘルシー弁当

嫁のヘルシー弁当のお陰で、昼食の摂取カロリーはかなり減ったはず。嫁はとにかく油を使わないように調理をしてくれるため、カロリーも脂肪分も控えめだ。

冷凍食品や加工品も一切使わない。ソーセージなんかも使わない。基本は前日夜の残り物なのだが、足りない分は卵焼きや煮物なんかを作って加えてくれる。早起きしてわざわざ料理してくれるのはありがたいもんだ。まぁ、お弁当用に作ったもので余ったものはそのまま夕食にまわすから手間ではないんだろうけどね(苦笑)。

もともと料理が得意って感じの嫁じゃなかったんだけど、随分腕が上がったなぁと思う今日この頃。こった料理はまだまだ全然だし、よく子どもが喜びそうな可愛らしい細工なんてのもできやしない(そんな弁当作られても恥ずかしいだけだが)。それでも、何でも自分で作ってくれる嫁は偉いと思う。

うちのおかんなんか最悪だったからなぁ。学生時代につくってもらった弁当は米以外はほぼ冷凍食品だったからなぁ(苦笑)。それから困ったら困ったときに入れる甘い豆…… あんなもんでごはんが食えるかい(笑)! ほんとうちのおかんは弁当のセンスが0だったわ。