権現堂公園を歩く

先週に久喜菖蒲公園でロングウォーキングをした際、少々調子に乗ったペースで歩いてしまった。そのため膝を痛めてしまった。歩き終わった後からどうも右膝に時折電気が走るような痛みを感じるようになってしまったのだ。

接骨院で見てもらったら、軽く炎症を起こしている程度でたいしたことはことは無いみたいだが、また無茶をすると痛くなる可能性があるから気をつけなさいとのことだった。ウォーキングとはいえ、毎週のように10km以上のウォーキングを行っていると膝に負担は大きいとのこと。しかも僕のように身長が185cmと高めとなると体重も多いため、より負担がかかるのだ。とりあえず今後は無理なウォーキングは避けるとしよう……。

そう思っていたのだが、今日も先週と同じように10km超えのウォーキングに行ってきてしまった(笑)。膝の痛みは数日で消えたし、念のために膝サポーターも装着をした。この間みたいにペースを上げなければ大丈夫だろう。

ほのぼのとした土手だ

今日はそんなに歩くつもりはなかった。膝の具合を確かめる目的で、2時間くらいふらついてのんびり写真を撮って終わりにするつもりだった。

訪れたのは幸手にある権現堂堤。のんびり過ごすには最適の場所だった。桜で有名なこの地だが、夏のこの季節は特に珍しいものは無いようで、緑いっぱいの土手って印象だった。最も、もう少し時期が早ければアジサイが咲いており、もう少し後になれば彼岸花が咲き乱れて綺麗のようだ。その時期にはまた来て写真を撮りたいもんだな。

この場所は個人的に写真を撮りたくなる場所だった。古風な雰囲気のある茶店が特にポイントが高く、おじさんおばさんがのんびりと座ってくつろいでいる画が良かった。ただ、なぜか茶店と思われた店ではパンを売っていたのが気になったが。団子でも食べられる場所だと思っていただけにそこは残念。

足を止めることが多くて、今日はほとんど歩かなかった。10kmどころか、5km歩いたかどうかって感じだった。まぁ、このところがんばりすぎていた気もするからたまには良いかもしれない。ダイエットを意識しすぎると逆に疲れてしまうからね。やる気もなくなってしまう。

足の方も問題無さそうだった。試しに購入してみた膝サポーターのお陰かもしれない。これからしばらくはこれのお世話になろう。